>
当施設のご紹介

当施設のご紹介

 

ごあいさつ

 

 

 

  当施設は、農耕や外部作業を主体に取り組んでいます。
ゴルフコース管理や農作業を中心に、自然に親しみながら豊かな心と体力を養うことを目的とし、障がいのある人も、人としての働く喜び、生産する喜びを実感し、どこまでもやり通す忍耐力と自主性を養い、社会人として自立するための自信と意欲を身に着けることをモットーに努めております。

 

また、毎年恒例行事として、利用者の皆さんに、山登り、海外旅行などを実施しており、色々な体験を見て・感じて経験していただいております。

 

体力強化を重視し、神戸市障がい者スポーツ大会に参加し、体力作りを行っています。

その中でも、障がい者綱引き大会では、台湾遠征に参加し、上位成績を挙げています。

フットサルチームも活躍中です。

そして『エイサー隊』を結成しており、地域からの出演依頼をたくさん頂いております。

 

 色々な経験を通じて、規律ある生活の中から日常習慣を学び、色々な喜びを見て感じて、豊かな心と社会性を養う心を育てます。

 

 社会福祉法人 上野丘さつき会
理事長
井上 勝彦

 

 

 

 

 

1.人材育成方針 

 求める人材像

1.障害福祉に携わる者として障害について理解を高めていける人

2.基本的権利として保障されている人権の尊重をできる人

3.コミュニケーション能力を持ち備える人

 

 人材育成の方法

1.障害福祉サービスの支給決定ならびにサービス利用のプロセスの知識を養う

2.業務に必要な資格(介護福祉士・社会福祉士・社会福祉主事など)取得について取得支援を行う

 技能・経験を積みサービスの向上を目指す

3.新入職時は多部門の実習を経験し、職場全体を視野に入れ連携・協働にあたり連帯感の醸成とモチベーションアップ

 

2.教育訓練計画

1. 新入職員導入実務研修(社外)講座/障害福祉施設の職員としての役割を自覚し必要な知識を学ぶ

2.新入社員実務研修(社内)座学/障害福祉サービスについて

3.中堅職員・管理職研修(社外)講座/スキルアップ、目標を持って自信の成長を伸ばす

4.虐待研修(社内・社外)座学・講座/過去の例について対処・取組み方をグループ討議

5.救急安全講習(社内)実習/救急法、蘇生法などの正しい知識と技術を習得